たくさーん試した 「今の結論」

犬にわたし達の伝えたいことを上手く伝える手段として
犬具を利用します

知育玩具やオモチャ、首輪やハーネス(胴輪)、リードなど

わたしも悩める1人の飼い主として
皆さんがどうかな?と思っている道具は殆ど経験済です

IMG_0001_201811191335032ea.jpg 

写真にはないですが、チョークチェーンやスパイクカラー
ジェントルリーダーも使ってました

2年程前まではハーネスを否定していたし
ハーフチョークを主流で使っていました


でも「今は」ハーネスが良いと思っています

色んな道具を使ってみて、犬の生態や学習理論を学び
より解りやすく、負担をかけない方法を日々考えています

多くの飼い主さんは結果を早く求めてしまい
早く効果がでるものに手が出てしまいますが

わたしが進める様々な犬具は
実践した結論からお勧めしている物です

こんなのどうかな?試してみようかな?と思ったら
一度、お声掛けくださいね









補助犬と暮らすということ・・

皆さまお久しぶり 聴導犬シェリーです

DSC_000002_20180830134843623.jpg

シェリーは2年前、当会から聴導犬として聴覚障害者の元へ巣立ちました

でも先週3日間、里帰りしていました

理由はシェリーの使用者さんが旅行に出掛けたからです


補助犬なのに旅行に連れて行かないの?
身体の一部じゃないの? 

補助犬は障害者の身体の一部として何時でも、何処でも一緒です
しかし、今回は留守番という選択を選びました

理由は気温です

シェリーの使用者さんは年1回、家族で旅行をされています
家庭の事情で「夏休み」以外の時期は難しく、マイカー旅行も困難
でも年1回の家族旅行なのだから、中止にする!選択はしてほしくない


旅先で数分~数十分野外で過ごす可能性を考慮し
シェリーは留守番させましょう!という結論になりました


今回のシェリーは気温が理由でしたが
海外に仕事で出張の場合、地域によっては
補助犬は同伴させないように当会は決めています

アジア圏など現在も、野犬やリードに繋がれていない犬が多いこと
また、狂犬病が発生していることが理由です



補助犬とは生きた自助具です

生きているということは

感情(嬉しい、楽しい、辛い、悲しい、恐怖など)があります

喉が渇き、お腹が減ります

排泄をします

病気になります

老います

そして死にます


補助犬の使用者は生きているが故の不自由さを含めて彼らとの暮らしを選択しています

毎日の生活の中で
「暑いから出勤時間を1時間早めよう」

「駅まで歩かせるのは暑いからタクシーで移動しよう」

「いつもの排泄時間じゃないけど・・ソワソワしてるからトイレに連れて行こう」

「暑いから給水タイム増やそう」

「体調良くないみたいだから今日は休ませて病院に連れて行こう」


常に犬を思いやり、補助犬達が肉体的、精神的に健康でいられるよう
使用者が努力することで信頼関係を築き、素晴らしいチームになります

自分の事情や便利さを優先する人は
補助犬と暮らしてはいけないのです


最近、補助犬に関する悲しい情報が続き
「ロボットでいいのでは?」
という声を耳にします


しかし愛犬家の皆さんも「ロボット犬と暮らしたいか?」と聞かれ
「ロボット犬!」を選ばないのと同じように補助犬もロボットではダメなのです

感情があり思い通りにならない、病気をする、老いる、死んでいくからこそ
喜びを与えてくれたり、愛おしくかんじたりしてかけがえのない存在になるのです


使用者の多くは補助犬の肉体的、精神的健康を最優先して生活しています
そして彼等にとって補助犬は便利な道具ではなく最愛の相棒(友達)であることを
皆さまに知っていただきたいと思います


これからも使用者の横で喜々として活躍する補助犬達と
そんな相棒を愛おしい眼差しで見つめる補助犬使用者さん達を応援してください
















犬の躾や訓練に体罰はいらない!! その3

帰国後、関東の補助犬育成協会に就職します


そこでも食べ物を使って介助犬、聴導犬の候補犬達を訓練していくのですが
わたしの頭の中にアメリカで出会った犬達や補助犬協会で訓練している
犬達は「穏やかな性格だから」「子犬期からプロが訓練しているから」
だから食べ物を使った訓練方法で通用する
という思いが残ります


既に噛む犬、物を守る犬はどうやって訓練するのか?答えはみつかってません


「 補助犬訓練士は家庭犬や問題犬の訓練はできない 」と言います
まったくその通りだ!と認めていました



そして6年前、愛媛に帰省し独立します
そこで補助犬だけでなく家庭犬と関わるようになり
自分の知識や技術に限界を感じ
犬の行動学や生態、クリッカーなど学び始めました


独立した当初は「食べ物」を使った躾でしたが
犬が噛んできた時には「ここで負けてはだめ!」と押さえ込みをしていました


飼い主さんの負担を早く減らしたい!と
大きな音で怖がらせたり、スパイクカラーも使いました


どうして体罰に走るのか?
今なら答えが解ります

知識がなかったからです

この2年でわたしは犬の行動学や本能、カーミングシグナルの意味
新しいことを学びました

今ならベルの拾い食いや鼻の皺寄せも原因がわかり
良い関係に修復できます

診察室で暴れる犬をどうすればよいのか
院長に説明できます


食べ物に興味を示さない犬達の理由も
理解することができます


知識があれば体罰に頼る必要はなくなるのです



体罰を否定する訓練士の中には
わたしと同じように、以前は体罰を使っていた人がたくさんいます
その中で矛盾や疑問を感じ、新しい知識を学び、試し
犬達に負担なく、学習できていると実感しているんです



どうして犬の躾や訓練に体罰をつかう事が肯定されやすいのか
どうして「犬に見下された」「下に思っている」の考えがなくならないのか


理由は人にとって楽だからです
あのプロフェッショナルの訓練士もそうですが
全ての理由を「人をバカにしている」にすれば
これほど人間にとって楽なことはありません



犬の躾や訓練に体罰はいらない!なぜなら
人が犬に正しい行動を教えていないから
犬は何をすべきか知らないのです


わたしは今、生後3か月のダウニーに人と生活するために
必要な躾を教えています


電気コードや絨毯は噛まないこと
排泄はシーツですること
わたしの腕を噛むのではなく、ナイラボーンを噛むこと
フードが欲しい時は、垂直飛びではなく座ること
ハウスの中は快適であること
アポロの食べ物をとらないこと
人間はダウニーの食べ物を取らないこと、だから守る必要がないこと
人間はダウニーの宝物を奪わないこと、だから守る必要がないこと
ブラシはオモチャじゃないこと
ブラッシングを苦痛にかんじさせないこと
机の上に手をかけないこと、

他にもたくさんありますが、これらを繰り返し繰り返し
教えるのです。 



そして、一番教えなければいけないことは


人間はダウニーを絶対に傷つけないこと
人間はダウニーを愛していること、だから安心して傍においで
[広告] VPS



みなさんも、ワンちゃんが言う事を聞いてくれない時
みなさんを困らせる時、正しい行動を自分が教えているのだろうか?
叱る前によーーく考えてみてください
プロフィール

pup.apolo

Author:pup.apolo
愛媛県松山市で介助犬・聴導犬の育成、普及活動。家庭犬のしつけ教室を行っていますドッグフォーライフジャパンのブログです。
犬達が与えてくれる沢山の幸せ、喜びを活動日記を通してお伝えしていきます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR