犬と別れ

今朝、ゴールデンを飼っている友人から
「亡くなった」と連絡がありました
享年8歳でした

その子はアポロの吠えで悩みまくっていた私が
辿り着いた西宮市のしつけ方教室に通う生徒さん

同じゴールデンの男の子で年も近いことから
同士のような存在でした

レッスン中に吠えまくっていたアポロが徐々に落ち着けるようになり
そのゴールデンくんは前の飼い主の虐待により心に傷を負ってましたが
友人の努力により徐々に表情が明るくなり、お互いに成長を喜んでました

1年前に心筋症を診断され余命宣言1年
寝ている間に死ぬかもしれないよと言われていたそうですが
1年以上経っても元気で、10月西宮にレッスンに行った時も
とても穏やかに過ごしていました

私は何回も犬の死に立ち合ったり、トレーナーの友人から聞いたりしてきましたが
犬達は自分の死に方、時期を決めているように思います

飼い主の手の中で息を引き取る子
飼い主が留守中に息を引き取る子
病院で亡くなる子 自宅で亡くなる子

飼い主の立場としては自宅で看取りたいと思いますが
そうでない方法を犬が選ぶのには
やはり何か理由があって
彼らは選んでいるように感じます


愛犬の余命宣言や治らない病名を告げられると
物凄く落ち込みます。そして「死」が怖くなります
でも、私は余命宣言って犬達からのプレゼントだと思っています
一緒に過ごす時間に感謝することができるし
できる範囲で後悔しないようにする準備ができるからです
 
人間は常に未来を見て生活してしまいます
半年後、来年、3年後も今の状況が当たり前に続くことを
前提として生活しています

でも余命1ヶ月と言われたら・・・
やりたい事を「今」やります
「今」を精一杯楽しみます

それで1カ月後も元気でいれば
また新たな1カ月後に向けて「今」を楽しめば良いのです
私は冗談で「死ぬ死ぬ詐欺」と名付けてますが
これほど騙されて嬉しいことはありません

「今」を生きている犬と
どれだけ時間を共有し、楽しみ濃厚な時間を過ごせるか
それは経験した人にしか分からない領域です

アポロと私の友達Laboくんへ
感謝を込めて・・
201405280294.jpg

「何もできなくていい」は良い事でしょうか

「何もできなくていい。そのままでいい。」
この言葉って優しいように聞こえますが、残酷な言葉だと思うのです


犬が「噛む」行動をする時
自分の命の安全が侵されるほどの恐怖にさらされています
病院やトリミングサロン、日常生活で
殺されるかもしれない!と思う場面が
月1回、それ以上ある日常ってどんなに辛いでしょう


物音や人、犬などあらゆる物に異常に吠える子
毎日、何度もパニック級の興奮
そして常に緊張した日常を送ってます。
やはりしんどいですよね



外が怖くて歩けない、散歩ができない子
犬は人と同じ社交性を持った生き物です
散歩は運動のためではなく
五感を刺激し精神的満足感を与える大切な行為です
犬としての楽しみを経験できないって辛いと思いませんか


「何もできなくていい。そのままでいい。」は
毎日生きづらい生活を送っている子に
「このままの生活を続けてね」と言うことなんです


犬のしつけ、しつけ方教室とは
不良少年を更生すること、場所ではありません

もしくはエリートを育てることでもありません


困った行動をしている子の場合
人の手は怖くない、嫌なことはしない
吠えるより楽な方法がたくさんある、もしくは吠える必要がない
外は楽しい、草や風の匂いを嗅ぎ犬としての欲求を満たしてあげる

これらを犬に教え
日常生活を安心して送れるようにすることです


うちの子は良い子だからしつけ教室に行くは必要ない?
今、困ってなくてもこれから起こりうる様々な変化への予防(準備)や
犬の生活に楽しみ(趣味)を与えることが目的です



私達は外食をしたり習い事やサークル活動に参加したり、
本を読んだり、料理を楽しんだり、登山したり
音楽を聴いたり自分を高めることが好きです

トレーニングとは人の趣味と同じ刺激なんです
(ここでのトレーニングとは動物福祉に基づいた嫌悪刺激を使わないトレーニングです)


犬の寿命は平均12~14歳
早い子だと10歳前後
人間だと中学生。殆どの子は高校生になれません
そう考えると彼らの人生ってとても短いと思いませんか?

だからこそ私達の元に来てくれた子が
充実した楽しい人生を送れるようにしてやらなければと思います

そしてしつけ方教室やトレーニングが身近になるように
飼い主さんがワンコと喜びを分かち合える経験ができるよう
私も工夫をしていかなければといけませんね

DSC_0002_BURST20181106182230549_20210616130004cc4.jpg

雷 作戦決行です

今年は例年より早い梅雨入り
そして、雷がよく鳴ります

皆さんのワンちゃんは雷、平気ですか?
生後2歳、3歳のワンちゃんで怖がらないのは一般的です
 
でもそれは、これから一生平気という保証ではありません
publicdomainq-0030166awzvqe.jpg

最近レッスン受講をした飼い主さんにはお話しましたが
雷を怖がる動物は「人」と「犬」だけなんです

本来動物達は雷は良い音
恵の雨を運んでくれますからね♪

犬が雷を怖く感じるというのは
それだけ人間に近い存在だということです

犬は繰り返し反復することで学習する動物です
なぜ、生後2歳ほどでは雷を怖がらないかというと
まだ怖がる行動が出るほどの経験数を積んでいないからです

なので、4歳、6歳と年月を重ね
雷を年に数回聴き「いやな音だな~」という経験を重ねていくと
ある日「怖い!!」と行動に現れるようになります

雷が怖くなってしまうと大変です
セットで花火も怖くなることが殆どです

我が家の2匹目のゴールデンが6歳位から雷が怖くなり
家中の徘徊、破壊行動、ハァハァ興奮して動き回る状態で
夜、私と母は一睡もできなくなります
花火大会の日は隣町まで避難してました

そうならないようにするために!!!
今から雷ゴロゴロ~となったら
オヤツパーティーを始めてください
もちろん花火大会の日もオヤツパーティーです

「しつけ」とは困った行動を改善することよりも
歳をとっても犬と飼い主さんが快適で楽しく過ごせるようにするための
準備です

皆さん、楽しく雷パーティーしてくださいね

プロフィール

pup.apolo

Author:pup.apolo
愛媛県松山市で介助犬・聴導犬の育成、普及活動。家庭犬のしつけ教室を行っていますドッグフォーライフジャパンのブログです。
犬達が与えてくれる沢山の幸せ、喜びを活動日記を通してお伝えしていきます。

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR