トレーニングは将来の準備と信頼関係構築

前回の記事でお手入れを
お互いストレスなくと紹介しましたら
タイムリーに海外の動物園で行われている
トレーニング動画を発見しました
https://fb.watch/dF3wlq-mn2/
クリッカートレーニングを経験している方なら
トレーニングの内容は理解できると思います




犬の大きさやは人にとって最高であり最悪と言われています
人にとって最高、犬にとって最悪なのですが・・


意味は人間が押さえつけたり、叩いたりできちゃうサイズ
そして、力ずくで様々なことをやっても死なないサイズや精神力というわけです
その為、人間は自分たちの都合を犬に強要してしまうのです


これが、小さな鳥類であれば
あっという間に死んでしまいます

大きな動物や水中に逃げてしまうイルカなどだと
強要することができません

なので、人はどうやったら「させてくれるかな~」と考え
昔であれば麻酔を使ったりしてお互い安全に平和にできるように
工夫します


その「工夫」は犬や猫にも必要であり有意義であることを
私達は意識しなくてはいけません


新しい取り組み「補助犬の日」

5月22日は「補助犬の日」です
今年は補助犬法が施行されて20周年

20年前と比べてあまり変化がない状況に
これからの在り方を再考しなくてはと感じます

その変化!!第一段階として
Dog for Life Japanは「補助犬のふれあい」を止めます
IMG_6631.jpg
「この洋服を着ている時は優しい無視をしてくださいbyエマ・ハンナ」


補助犬は障害のある方の身体の一部として
「見つめない・触らない・声を掛けない」
優しい無視をしていただくようお願いしています

しかし、イベントや街頭募金などでは
「PR犬。仕事中でない」という名目で
補助犬を触る機会を作っていました

過去に触れ合いなしでやってみたら
「触りたいのに、触れないのは辛い~」と言われ
全く人が寄り付かず、止めた経験もあります

人が集まるから、募金をしてくれたから
主催者が望んでいるから、参加費を支払ってくれたから
喜んでくれるから、話掛けやすくなるから、、、

矛盾だらけで、ずーっと悶々としている時
ある方に言われました
「世間の人はPR犬だから触わっていい!とは覚えない
SNSで発信する時もPR犬とは書かないから
見た人達や触った人達が誤解することをあなたはしているのよ
誰のための補助犬? 誰のために啓発してるの?」

わたし達が活動する目的は
補助犬ユーザーさんが暮らしやすい社会にすること

この本質を疎かにしないで周りに人が寄り付かなくても良い!
「補助犬がいても、無視できることが当たり前になる社会に」
啓発を広げていきたいと思います



IMG_20220503_231331.jpg
補助犬を社会で見かけたら、補助犬ユーザーと接したら
「補助犬がいても、いないかのように振るまう」
皆さんご協力よろしくお願いします

「愛情」より「理解」 ♡ ♡

今日はアポロの4年目命日です
相変わらず忘れて花を用意しない飼い主に変わり
今年もランちゃんママがお供花プレゼントしてくれました
IMG_8520 (2)
何年経ってもアポロの死は悲しく後悔だらけで
頻度は減ったものの、抗がん剤の副作用で苦しんでいるアポロを
病院へ連れて行った道を通ると、フッと思い出したり

動物病院にも先生の顔を見る自信がなく行けず、、、、
(母に変わりに連れて行ってもらってました)
昨年末からようやく行けるようになりました


それほど犬は人に沢山の愛情を注いでくれて
人生や生活を豊かにし、大きな影響を与える存在です

そんな愛すべき我が犬を皆さんは本当に幸せにできているかな?
と今一度考えてみて欲しいなと思います


コロナの2年間、SNSやTVで動物動画や写真が流れる機会が増えました
しかし、残念ながら「愛らしい」「可愛らしい」と言われている中に
犬達は「嫌だよ~」「助けて~」と言っている物がたくさんあります

もちろん飼い主さんや投稿者に悪気はありません
純粋に「可愛い」「喜んでいる」「楽しい」と思っているだけです
なぜか?それは「犬」という動物の生態を理解してないからです

犬と人は異なる動物です

使う言語も意味も違い、人の言語は通じません
すぐれた嗅覚を使い情報収集をし
人より遥かに高い身体能力を持っています
身体全体を使って人の何倍も速い速度でコミュニケーションをとります
彼らが発する言葉を私達は「学ぶ」「観察する」ことをしないと意味を理解できません


大好きな我が犬が「犬として」皆さんともっと楽しく生活できるように
犬を犬として「理解する」「知る」ぜひ実践してくださいね


この写真が「可愛い」と思うか「可哀そう」と思うか
それは皆さんの勉強次第です
Screenshot_2022-05-04-08-01-31-45_1c337646f29875672b5a61192b9010f9_202205101926405a7.jpg









プロフィール

pup.apolo

Author:pup.apolo
愛媛県松山市で介助犬・聴導犬の育成、普及活動。家庭犬のしつけ教室を行っていますドッグフォーライフジャパンのブログです。
犬達が与えてくれる沢山の幸せ、喜びを活動日記を通してお伝えしていきます。

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR