トレーナーは犬の人生相談所?!

最近、しつけ方教室の生徒さんを対象に
Tタッチセミナー
鍼灸セラピー
食事療法講座などを開いています


昨年はトリミングサロン見直し月間を作って
サロンを変えてもらったワンちゃんも沢山います

動物病院の相談も乗るし、転院の提案もします

犬の健康は日常生活の行動に直結します
身体に痛いところ、痒い所、しんどかったら
イライラしたり精神的に不安定になったりします
その結果として吠えたり、噛みついたり、落ち着きがなかったり
様々な飼い主さんを困らせる行動が出やすくなります


犬に優しいトリマーさんじゃないと、どんどんお手入れが嫌いになり
せっかく飼い主さんがお手入れを好きにさせるように努力しても
成果がなくなります


私は一般の飼い主さんが生涯で飼育する頭数(1~5頭)の100倍は
色んな症例を見ています。
その為、たくさんの情報を持っています
もちろん勉強しているので、その莫大な情報の中から信頼性のあるもの
信頼性のないものの区別もだいたい判断できます


少し出しゃばり過ぎるかな?と思うこともありますが
「目の前にいる可愛い子」が幸せになることを
辛い思いをしないようにすること
ただそれだけの思いでレッスンしています


困ったことや悩みがあったら
飼い主さんと一緒にこの子達を幸せにする
それが私が理想とするしつけ方教室です

今、この瞬間を過ごす

今年の「海の日」は2020年オリンピック開会式のため
日程が変更されていたことを知らず・・

「海の日」に亡くなったドルチェ
レオくんママからお花をいただきました
DSC_0022_20200802062512189.jpg
ドルチェは生後4カ月で聴導犬候補生として仲間入りしましたが
わずか、1カ月で急死してしまいました ⇒ ドルチェのこと

ドルチェは私に
子犬が成長して、ある程度の年齢まで元気でいてくれることは当たり前ではない。
毎日、健康でいてくれること、何年も一緒に過ごせることはかけがえのないことなんだ!
と教えてくれました



先日、友人であり、私が日本で初めて訓練に関わった聴導犬が亡くなりました
その子は引退し13歳とシニアでしたが、前日まで普段と変わらず過ごしていて
嘔吐があったので病院に連れて行くと緊急入院。その後、3日で亡くなりました


しつけ教室の受講生のワンちゃん達の中にも
いつもと変わらず元気でいたのに、ちょっと様子がおかしくて
病院にいったら急病で、治療の甲斐なく若くして亡くなった子が数匹います
 


人はどうしても
「今、忙しいけど来月は一緒に遊ぼうね」とか
「いつか・・・・・」と将来に目を向けて犬と接してしまいます


でも犬達には「今」しかありません


犬との暮らし方について
現在の日本では「最低限こうしなければいけない」という
明確な法律や規則がありません


パピーミルブリーダーの犬より、外で繋がれっぱなしの犬より、
可哀そうな犬達と比べたら切りがありませんが

わたしは犬と人が共に幸せに暮らせることを
伝える立場として「犬のQOL向上」を第一に皆さんにお伝えしています


「今」の犬達を幸せにするために
① 色んな場所に一緒に出掛けてください
② 休みの日は犬の為に使い、犬と過ごしてください
③ 趣味を与えてください( トレーニングをする・新しい芸を教える)


今日から私も夏休みです
ジュリ・エマ・ハンナと遊びに行きます
 







宿題やりましょう

しつけ方教室を受講される飼い主様のお悩みは様々ですが
皆さんには必ず宿題を出します

宿題の内容は2つ

1、普段の生活の中でできるもの
例えば:飛びついたら触らない、食事を与える時に目が合ってから「ヨシ」
    帰宅時に大騒ぎしないなど

2、時間を作らないとできないもの
例えば:オスワリさせてオヤツを落として取らせない、ヒールを教える
    マットを教える、オスワリやフセをさせて離れる、ハウスに入る練習など

1個目は普段の生活に既に取り組まれているので皆さん実践しやすいのですが
2個目はワンちゃんの為に時間を割かないとできません


でも大事なのは2個目!です

飛びつきを軽減するのは触らない!で可能ですが
飛びつきにくい、将来も飛びつきが再発しない心理状態に導くためには
新しい行動を繰り返し繰り返し教え
精度をあげなければいけません


わたしの犬達(ジュリ・エマ・ハンナ)を
皆さんは見て「お利口さんですね」と言われます
それは、産まれ付き良い子なのではなく
コツコツ時間を見つけて練習しているからです

気が載らなくて5分の時もあるし、サボる事も多々
熱が入って30分の時もあります


お散歩時間やご飯を上げる前の5分、10分でもOK
宿題頑張ってやりましょうね

ぱるCafeしつけ方教室の前に
「待つ」練習中のエマちゃん
IMG_1856.jpg
プロフィール

pup.apolo

Author:pup.apolo
愛媛県松山市で介助犬・聴導犬の育成、普及活動。家庭犬のしつけ教室を行っていますドッグフォーライフジャパンのブログです。
犬達が与えてくれる沢山の幸せ、喜びを活動日記を通してお伝えしていきます。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR