小学校で授業

当会の卒業生
聴導犬シェリーとパートナーさん

毎年地元の小学校総合学習で
「聞こえの学習」講師として参加しているので
見学させてもらいました


シェリーのパートナーさんは
手話を使えません

聴覚障害者は手話を使える!と思われがちですが(私もそうでした)
手話を使えるのは全体の30%程なんだそうです
手話を使わない人は筆談や口話(相手の口の動きを読んで内容を把握し
自分も声を発して話す)でコミュニケーションをとっています

授業でも要約筆記者が会話の内容を文字にあらわします
DSC_0452.jpg


口の動きを読んでなんて言っているか当てるゲーム

みんな一生懸命
DSC_0453.jpg


お買い物ゲームという体験
DSC_0001_BURST20191118145545560.jpg
パートナーさんや先生が聴覚障害者役になり
生徒達が営むパン屋さんや魚屋さんで買い物をするというゲーム

授業で学んでも実生活で聴覚障害者と出会ったら
どのように対応すればよいのか、経験しないとできません

このゲームを通じて、筆談で会話したり
相手がなにを言っているのか理解する経験をしたり
実生活で役に立つゲームだなと感心しました

子供の頃からの教育って本当に大切だと思います
関連記事
プロフィール

pup.apolo

Author:pup.apolo
愛媛県松山市で介助犬・聴導犬の育成、普及活動。家庭犬のしつけ教室を行っていますドッグフォーライフジャパンのブログです。
犬達が与えてくれる沢山の幸せ、喜びを活動日記を通してお伝えしていきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR