補助犬サポータの輪、ひろがれ

昨年好評いただいた夏休み企画

「補助犬をしろう」 

今年も開催し今日全ての日程を終えました

自由研究や学校新聞の題材に!と思ったのが始まりでしたが

参加してくれたのは小学生以下のお子さんから
高校で聴導犬のことを調べ発表を控えている生徒さんまで



まず補助犬は3種類います
目の不自由な人を助ける盲導犬
手足の不自由な人を助ける介助犬
耳の不自由な人を助ける聴導犬

この3種類を総称して補助犬と呼びます

そして、このスーパーマーケットやレストランの
出入り口に貼られているシールの意味
000142831.jpg
「シールの貼っている場所は補助犬同伴してもよい」

という意味ではありません

身体障害者補助犬法により、不特定多数の人が利用する
施設や交通機関は補助犬の受け入れは義務付けられています

つまり「シールが貼っていなくても補助犬は同伴してもよい」のです

では、このシールの意味は?

このシールを貼っている店舗は補助犬法を知っている、補助犬の事を知っている
このような意味だと考えています


子供達には補助犬のお仕事内容はもちろん、
どうして補助犬が必要なのか?
障害者の人達が抱えている日常生活での不安など、体験・お話しながら感じてもらいました


エマちゃんも頑張ってます
 IMG_0006_20180819200541aa0.jpg
タイマーが鳴ったら飛びつく


音源まで連れて行く
IMG_0007_201808192005429b4.jpg


補助犬の実働数が増えないのは
障害者が活躍しにくい社会構造、補助犬使用者が外出しにくい環境が原因です

私がアメリカに留学中、ハンバーガーショップで同伴拒否を受けた時
まわりのお客さん達が店員さんに「介助犬は法律で同伴が認められていること」を
伝えてくれました。 自分1人では心細かった時、まわりの人達の声は心強く
とても嬉しかったことは忘れません。 


参加してくれた子供達も補助犬や法律のことを知ってもらい
同伴拒否をしている店舗や店員さんに
「わたしは知ってるよ」と子供達が言ってくれることは
補助犬使用者さんに勇気を与えてくれると思います。

小さな補助犬サポーターがたくさん増えるようにこれからも活動していきます


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pup.apolo

Author:pup.apolo
愛媛県松山市で介助犬・聴導犬の育成、普及活動。家庭犬のしつけ教室を行っていますドッグフォーライフジャパンのブログです。
犬達が与えてくれる沢山の幸せ、喜びを活動日記を通してお伝えしていきます。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR